スーツについて

ベーシックだからこそ差をつけたいネイビースーツ

これを着ていれば間違いなしだと油断しがちなネイビースーツですが、選び方や着こなしに一捻り加えることで、よりステージに合わせて装うことができます。
30代はフラットな生地感のネイビースーツはフレッシャーズ風に見えてしまうこともあるので、起毛無地で落ち着きとこなれ感を出します。
程よく起毛感のあるものを選び、着慣れた感じをかもし出すためにVゾーンも、てかてかした光沢が強すぎるタイを避けることが大事です。
深みのあるボルドーと黒ストライプのタイで落ち着きとセンスを表現します。
また、信頼感を与えるTVフォールドが装いのコツになります。
そして、全身をブルー系でまとめるのは基本のテクニックですが、40代となるとスーツを3ピースにするなど、そこに歳相応の貫禄を添えることが大事です。
それが厚手の生地であればより正統派のクラシックムードも高まります。
タイとチーフをヴィンテージ調の柄でそろえれば、一層格調高い雰囲気で着こなすことが可能です。

Copyright(c) スーツ All Rights Reserved.