スーツについて

仕事で着るスーツの正しい保管の仕方

スーツの保管の仕方によっては長持ちさせることが出来ます。
上手な保管方法としては、ドライクリーニングが大半なので家庭では、簡単に洗うことが出来ないようになってます。
一度しわになってしまうと自分で、しわを取るのは難しくなります。
クリーニングに出されることが多くなるので、予備のスーツを用意しておかなければならないです。
基本的な保管の仕方としては、上着では厚みのある太いハンガーにかけて、ブラシをかけておきます。
表面にゴミがついたままになっていると、取りにくくなるので出来るだけクローゼットにしまう前に、この作業を済ませておくことが大切です。
パンツではクリップの付いたハンガーにウエスト部分を挟んで吊り下げて置き、上から下に向かってブラシをかけて、丁寧に汚れやほこりを取り除き、ウエスト部分から裾に挟む位置を変え、ベルトの重みでしわが伸るよう、ウエストにベルトを通して下げて置くことです。
このような方法でクローゼットなどにスーツを保管すると、綺麗な状態で保管出来るということを覚えておくといいですね。
クリーニングから戻ってきた時には、ビニール袋に入れられた状態で戻ってきますので、天気のいい日に風通しのよい所で半日程度かけて陰干ししておき、湿気やカビの発生を防ぐ対策をなされることです。

Copyright(c) スーツ All Rights Reserved.